本文へスキップ

北の遍路道。心の安らぎを求めて3,000q

電話でのお問い合わせはTEL.011-382-3802

〒067-0003 江別市緑町3丁目73

札所紹介

第七十九番札所 七寶山 弘仙寺

 
宗派 高野山真言宗 
開基  明治32年 
開基者  山内善七 
現住職  山内宥信 
寺院本尊  弘法大師 
霊場本尊  十一面観世音菩薩 
霊場本尊
ご真言 
おん まか きゃろにきゃ そわか 
御詠歌   幾春を 重ねて深し 弘仙寺
   法の縁の 不可思議ぞ知る
 明治初期から幌内炭鉱、幾春別炭鉱などいくつかの炭鉱が開鉱され活況を呈するなか、明治32年福井県から移住した山内家12代目により弘法大師像(元福井県大安寺蔵)を幾春別錦町に奉安したのが寺の濫觴。
開基は13代目山内善七。第一世妙識法尼の霊験談によれば、善七の四女ミヨは幼少の砌にわかに失明、家族共々絶望の淵に沈むも、毎夜ミヨの枕元に立つ僧侶に促されて大師堂脇の湧水で身を浄め、ひとり弘法大師に詣ずること6カ月、奇跡的に開眼しました。 医師に匙を投げられた視力を回復したミヨは、その後得度して名を妙識と改め弘仙寺第一世となる。 境内には西国三十三観音をまつっています。現在、湧水は残っていません。

※注意
1、通常本堂は施錠されています。
2,納経朱印・御影は献燈台の引き出しの中にあります。
3おいずる(白衣)への朱印希望の方は予めご連絡願います。
〒068−2111 三笠市幾春別錦町2丁目239−1
TEL 01267−6−8345 FAX 011−884−5480
※緊急、上記連絡がつかない時
TEL 011−884−5480

<公共交通機関>
JR岩見沢駅から中央バスで幾春別行きに乗車、終点幾春別下車、徒歩10分

<車でのアクセス>
三笠インターチェンジから道道116号線を桂沢方向に12km。

北海道八十八ヶ所霊場会お問い合わせ・資料の請求は

北海道八十八ヶ所霊場会事務局
〒067-0003
北海道江別市緑町東3丁目73番地
八葉峰寺内
TEL 011-382-3802
FAX 011-382-3802
hokkaido.88reijou@gmail.com